コンサルタント業務の
委託に関する規約

本コンサルタント業務の委託に関する規約(以下「本規約」といいます。)は、アプリ「Lullaby」(以下「Lullaby」といいます。)上のマッチング機能を通じて締結されるコンサルタントとユーザーとの権利義務関係を定めたものです。当該マッチング機能を通じて本役務等の提供を行い、又はこれを受ける方は、本規約にご同意いただいた上でご利用ください。本役務等の提供についてお申込み、又は承諾した場合、本規約に同意したものとみなされます。

 

1. 定義

 

本規約では、以下の用語を使用します。

1.1. 「コンサルタント」とは、Lullabyを通じてユーザーに対して本役務等の提供を行う事業者であって、Lullabyに登録したものをいいます。

1.2. 「コンサルタント紹介ページ」Lullabyに掲載されるコンサルタントの基本情報(氏名、技能、資格取得年月日等を含みます。)を表示するページであって、コンサルタントコンテンツによって構成されるものをいいます。

1.3. 「本役務等」とは、本規約に基づきコンサルタントがユーザーに対し提供するコンサルタント業務等の役務等をいいます。

1.4. 「ユーザー」とは、Lullabyを通じて、コンサルタントから本役務等の提供を受け、または提供を受けようとする者をいいます。

 

2. 業務委託

 

2.1. ユーザーは、Lullabyを通じて、本役務等の提供の申込をすることができます。本規約に基づく業務委託契約は、ユーザーが前項に基づき利用申込を完了し、コンサルタントがこれに承諾した時点で、コンサルタントとユーザーとの間で成立するものとします。コンサルタント及びユーザーは、Moon Creative Lab Inc.(以下「Moon」といいます。)は本役務等の提供に関する契約の当事者にはならず、Moonはコンサルタントによる本役務等の提供に関し何らの責任も負わないことを確認します。

2.2. コンサルタントは、Moon所定の方法に従い、ユーザーに対し本役務等を提供するものとします。

2.3. コンサルタント及びユーザーは、Lullabyの利用にかかるMoonとコンサルタントとの関係は、代理関係、パートナーシップ、ジョイントベンチャー、雇用関係、フランチャイズ契約等を構成するものではないこと、コンサルタントはMoonから独立した事業者としての立場において、ユーザーに対して本役務等を提供することを確認します。

3. 決済

 

3.1. ユーザーは、本役務等について予め定められた代金をコンサルタントに対し支払う義務を負うものとします。ユーザーは、Moonに対し当該代金を支払う方法により本項の義務を履行するものとし、コンサルタントはこれに同意するものとします。

3.2. 代金の決済方法は、銀行振込、クレジットカードその他の本サービスにおいて利用可能なものとし、ユーザーは、クレジットカードを使用する際には、必ず本人名義のクレジットカードを使用するものとします。

3.3. クレジットカード等の決済手段の利用については、ユーザーとクレジットカード会社等との契約条件に従うものとします。

 

4. 当事者の義務等

 

4.1. コンサルタントは、法令を遵守するとともに、善良なる管理者の注意をもって本役務等を履行するものとします。

4.2. コンサルタント及びユーザーは、Lullabyのマッチング機能を介して本役務等の提供に関する契約関係を生じ、又は問合せ、連絡等の接触に至った相手方に対して、Lullabyの利用により知り得た情報を利用して、Lullabyを介さずに直接連絡を取り、又は本役務等を直接提供してはならないものとします。

4.3. コンサルタントは、ユーザーに対し、本役務等による個別の乳幼児の睡眠状態の改善、個別の乳幼児の具体的な疾病、疾患が治癒することを保証しないものとします。ユーザーは、コンサルタントから得る情報の正確性等につき、自己の責任において判断するものとします。

4.4. コンサルタント及びユーザーは、本役務等に関連して紛争が生じたときは、当事者間において誠実に協議の上解決を図るものとします。

 

5. 個人情報

 

5.1. コンサルタントは、本役務等の提供に関連して取得した個人情報を、法令等に従い取り扱うものとし、第三者に漏えい、滅失または毀損等(以下「漏えい等」といいます。)してはならず、ユーザーに対してあらかじめ明示した目的以外の目的で利用してはなりません。

5.2. ユーザーは、コンサルタントが本役務等の提供に関して取得した自己の個人情報を、Moonに対して提供する場合があることにつき、予め同意するものとします。

 

6. 損害賠償

 

6.1. コンサルタント及びユーザーは、相手方の責に帰すべき事由により損害を被ったときは、相手方に対し、当該損害のうち通常生ずべき損害の賠償を請求することができます。但し、かかる損害は、当該当事者に現実に生じた直接かつ通常の損害(逸失利益を除き、予見の有無を問わず特別損害を含まない。)に限られ、本件業務にかかる委託料の額を上限とします。

6.2. コンサルタントに故意又は重過失があるときは、前項但し書きの規定は適用しないものとします。

 

7. 本規約に基づく契約上の地位の譲渡等

 

コンサルタント及びユーザーは、本規約に係る契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。


 

8. 分離可能性

 

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

 

9. 準拠法、裁判管轄

 

本規約は日本語を正文とし、その準拠法は日本法とします。本サービスに起因または関連してコンサルタントとユーザーとの間に生じた紛争については東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

以上